リバウンドしない痩身

ダイエットの大きな問題としてあるのが、リバウンドです。
様々なダイエット手法にチャレンジして、一時的に成功をして痩せることが出来る人も多いです。しかし、その後リバウンドによって、ダイエット前の体重に戻ったり、人によっては、ダイエット前よりも太ってしまう事もあるのです。
通常のダイエット手法では、そうしたリバウンドのリスクは少なからず存在しています。
ですが、美容外科での脂肪吸引によるダイエットの場合では、そうしたリバウンドのリスクを完全にゼロにすることが可能となっています。
脂肪吸引ではリバウンドせず、他のダイエット手法ではなぜリバウンドするかは、痩せるメカニズムを把握する事で、理解出来るようになっています。

人が太ったり痩せてしまう最大の原因となるのが脂肪細胞です。
この脂肪細胞の数は、基本的に一定のままであり、増えたり減ったりといったような事はせず、余分なエネルギーを蓄える役割を担っています。
人が太ったり痩せたりするのは、この脂肪細胞の大きさが原因なのです。
カロリーの摂取過多などによって、エネルギーを余分に摂取した場合、消費されなかったエネルギーは脂肪細胞に蓄積され、その結果として脂肪細胞が肥大化します。
そうしたエネルギーの摂取過多による蓄積が繰り返されることによって、人は太るわけです。
食事制限等のダイエットを行う事によって、一時的にエネルギー不足の状態を作り出すことが出来、その結果、脂肪に蓄えられていたエネルギーを利用する事になります。脂肪細胞に蓄えられたエネルギーを利用すれば当然、脂肪細胞は縮小し痩せられるわけです。
しかし、こうした食事制限等の場合では、基礎代謝量なども変化しておらず、一時的にエネルギー不足の状態に陥っているため、身体は本能的によりエネルギーを蓄えるようになり、その結果、普段通りの食事をしていても、余計に多くのエネルギーが脂肪細胞に蓄積され結果的に、ダイエット前よりも太ってしまうリバウンドが発生してしまうのです。

脂肪吸引でのダイエットではリバウンドが発生しない理由は非常に単純です。
脂肪吸引は、その名の通り脂肪細胞を体外に物理的に排出するダイエット手法になります。そのため、脂肪細胞の数を減らすことが出来るのです。脂肪細胞の大きさ自体に変化は無いため、リバウンド等の心配はありません。
そのため、リバウンドしないダイエット手法となっているわけです。